読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸大学 保田隆明ゼミ

神戸大学保田ゼミの様子を日々レポートします!

P&G社×保田ゼミ合同プロジェクト

明けましておめでとうございます。というぐらい更新されていませんでしたね。

2017年も神大保田ゼミをどうぞよろしくお願いいたします。

今回の記事はタイトルにもあるように12月、1月と1期生・2期生で取り組んできたP&G社との合同プロジェクトについて矢野がお伝えできればなと思います。

 

1.プロジェクト内容

P&Gという会社をCMや看板などで見たことがある人もいるのではないでしょうか。

この会社はヘアケア、化粧品、洗剤、髭剃りなど私達の生活に欠かせない製品を作っているのです。世界中で48億人もの人がP&G社の製品を使っていて、非常に規模が大きい会社だということがお分かりですよね。

今回私達ゼミ生がおこなったプロジェクトは、P&G社が取り扱っているパンテーン(シャンプー)、ジレット(髭剃り)、ヴィーナス(ムダ毛剃り)の「若者の浸透率を5%上昇させる」というものです。ゼミの中で6チームに分かれてそれぞれの担当の商品を決定したところ、私はジレットチームになりました。

 

f:id:sumahodazemi:20170130235319p:plainf:id:sumahodazemi:20170130235831p:plainf:id:sumahodazemi:20170131000343p:plain

 

2.ジレットチーム戦略立案

私達のチームが考えたジレットを若者に浸透させる戦略は、P&G社のことを若者に好きになってもらい、P&G社とジレットのイメージを結び付ける」としました。この戦略になった背景は、チームメンバーの中に、色々なインターンを行っている人がいて、「自分と関わりのある企業の商品ってなんか使いたくなる」「インターンのお題になった商品って愛着湧くよね」という言葉からでした。

では、いったいどうしたらP&G社のことを期間内にイメージを向上させることはできるのでしょうか。私達のチームのとった戦術はこれです!

f:id:sumahodazemi:20170131002336p:plainf:id:sumahodazemi:20170131002342p:plain

そうです!フリーペーパーを作りました。ターゲットを男子大学生にして、ビジネス誌のデザインを参考にして、P&G社のブランドイメージ向上を狙いました。結果としては、神大生50人を対象にしたアンケートで浸透率は4%UPという結果になり、惜しくも目標の5%には到達出来ませんでした。

 

3.P&G社に対しての提案

私達のおこなった施策を1/24に最終報告会という形で提案させていただきました。

アンケートの項目など色々詰めが甘くて、結果に信頼性が低いところがありましたが、P&G社の社員の方々は「すばらしいアイデアだ!」「いい着眼点!」とお声をいただき自分らなりの提案ができた感じています。

このような機会をP&G社からいただいたことを感謝いたします。このプロジェクトは2期生が2月以降も引き続き行う可能性があるので、また続きは2期生にブログに書いてもらおうと思っています。他のチームの様子も近々アップされるしょう。

f:id:sumahodazemi:20170131005240j:plain

*写真はジレットチームプレゼンターの雨夜