読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸大学 保田隆明ゼミ

神戸大学保田ゼミの様子を日々レポートします!

ひかるです!!!

 

 

おつかれさまです!

 

ブログを書く機会をいただいたので、この記事では、二回生の時のゼミ選びの心境について書こうと思います!

 

まず簡単な自己紹介しまっす。

池上 光 神戸大学経営学部3回生

出身は大砂漠の鳥取です。 小中学校は、ずっとバスケをやってて、それなりに上下関係の厳しさや、周りとの協調性を学びながら、週7で練習してました。

寝るときもバスケットボール抱えて寝てました。

今思えば素敵な変態です。

あの頃は遠征で関西飛び回って試合しまくってて大変やったなぁ、、、

当時は広島県が一番都会やと思ってました。過疎地育ちの弊害です。

 

 

 

さて、そんなこんなで神戸大学に入り、二回生の時にこの保田ゼミを選んだわけですが、大きな理由は、当時外国書講読っていう講義で保田先生が授業されてて、ほとんどの授業を寝るか、蹴るかの僕にとってまあ痛烈だったわけですそのとき。

結局そのまま、この人ゼミもつんや、ラッキーってな感じで応募しました。

 

こんな感じで、たぶんほかのゼミ生とは違って、ぼくに志望動機は薄いので偉そうなことはあまり言えませんが、ゼミを選ぶとき、その教授と会って話してみるのが一番やと思います。

たぶんぼんやりとしか自分の学びたいことって浮かばないと思います。それか経営学部に入ったけど特に好きなテーマはないって人もいるんじゃないんかな?

そんなひとはぜひ教授と話してゼミを選んでみたほうがええと思います!

 

 

 

あと、つい昨日、ぼくはdance crew jetter というサークルを引退しました。

 

ダンスって、いうたら時間の無駄遣いです。

大学の講義みたいに知識を得られるわけでも、アルバイトみたいに働いた分だけお金がもらえるわけでもないことです。

 

何回も同じ振りを練習して、同じ技を何年、何百回も練習して、飲み会で死ぬほど飲んで死ぬほど吐いて、たくさん泣いて笑って、、、

 

だけど、このはたから見たこの時間の無駄遣いは、大学で講義受けてても、バイトしてても得られないことをぼくに学ばせてくれました。

 

 

 

 

ゼミも少しだけ似てるとおもいます。

なのでどのゼミでも全力で取り組んでみると、大学人生の景色が変わるかもしれないですね!

ぼくは全然それができてなくて、ゼミ遅刻してこのブログ書いてるんですけどね!

 

昨日のショーの動画です!

よかったら見てみてください

www.youtube.com